ホームページ運用でCMSを使う理由

CMS(コンテンツ管理)を活用することで短期、低コストでSEO対応がしやすいホームページを制作できます。 BE Laboではお客様のご用件に応じていくつかのCMSを使い分けています。

ホームページ運用でCMSを使う理由

CMS(コンテンツ管理)を活用することで短期、低コストでSEO対応がしやすいホームページを制作できます。
BE Laboではお客様のご用件に応じていくつかのCMSを使い分けています。

目次

  • CMS(コンテンツ管理システム)とは
  • CMSのメリット
  • CMSのデメリット
  • BE Laboでは

CMS(コンテンツ管理システム)とは

WEBサイトに表示される、文章、画像、映像をWEBサーバー上で管理するシステムです。以前はHTMLと呼ばれるタグ言語で記述されたファイルをそのまま表示させていましたが近年ではCMSを使ったWEBサイトが多くなっています。

CMSのメリット

記事の追加、更新が簡単

CMSを利用することで、特殊な文章形式であるHTMLを知らないユーザーでのWEBサイトに表示されるブログ、文章、画像を追加、編集することができます。

SEOに強い

HTMLの記述方法を知らなくてもSEO対策に必要なMeta情報(人間からは見えない検索エンジン向けの情報)を簡単に追加、更新できます。よってSEO対策のコストを大幅に節約できます。

 

CMSのデメリット

データベースでコンテンツを管理しているため、表示速度を維持するためにはHTMLファイルをアップロードする方式に比べて性能の高いサーバーが必要です。

BE Laboでは

お客様の要件に合わせて、法人用サイト、EC-サイト、ブログに適したシステムでWEBサイトを構築します。
法人用サイトではお客様自身で、ブログ以外のページもユーザー自身でコンテンツを簡単に更新できるConcrete5をオススメしています。ちょっとした記事の変更や追加の度に業者に依頼する必要はありません。